共働きをしてみて思ったこと

もともと仕事をしていて子供ができました。

考えたのは仕事をどう続けるかで、辞めるという選択肢は無しでした。

結婚して1年経って生活ランクを下げたくなくて共働きをしていたので、ここで仕事を辞めたら自分の給料と育児の費用でマイナスになってしまいます。

つわりは2ヶ月でおさまり、切迫早産に成りながらもどうにか産休にたどり着き、育児休暇へ入りました。

その間も会社からは給料の何割かはいただけて、とても助かりました。

しかも出産は緊急帝王切開だったので医療保険も使えて術後は地獄でしたが、お金は入ってきて良かったです。

そんなこんなで職場復帰に向けて保育園探しが始まりました。

認可保育園は入れなそうなので、無認可に的を絞りましたが、大体朝7時から夕方5時までで月に6万円…。

時短で働いても二束三文しか手元に残らずびっくりしながらも、フルで働ければ段々もとも取れるはずだと頑張りはじめて1ヶ月たたないうちに病気をもらってきて、発熱からの入院になりました。

しかも2回もです。

さすがに子供が心配になり退職をすることになりました。

結局体して稼げないまま共働き生活は終了しました。

共働き中は朝は早起きして仕事をして、子供のお迎えからの夕飯作りプラス掃除と毎日慌ただしかったけれど、自分頑張っているという充実感はありました。

夫も朝保育園まで連れていくのを担当してくれたりと協力してもらったのでとても有り難かったです。

共働きは夫の協力あってこそで、問題の待機児童問題も直面して大変だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です